ナガマツドウブツビョウイン

永松動物病院

西区の国道116号線(西大通り)沿いにある昭和54年創立の動物病院です。 動物と人との架け橋となれるような動物病院を目指しています。また、活性化リンパ球療法や自家幹細胞移植など犬猫の再生医療に力を入れています。

永松動物病院 への地図へ 〒950-2044 新潟県新潟市西区坂井砂山2丁目3−10
TEL025-260-3513FAX025-260-3582
URL永松動物病院公式サイトへ

永松動物病院 新潟県 下越地区の西区・西蒲区にある動物病院

【消費税増税に関するご案内】
2014年4月1日より、消費税率が「5%」から「8%」に変わります。
料金の詳細は、各掲載施設へお問い合わせください。

動物病院からのお知らせ

2017/09/262017年9月22日(金)に新潟市西区寺尾で負傷したロシアンブルーがいるとの連絡があり、当院で保護しました。

2017年9月22日(金)に新潟市西区寺尾で負傷したロシアンブルーがいるとの連絡があり、当院で保護しました。   保護したロシアンブルーの猫ちゃんは顔の左…続きはこちら

2014/02/172月21日(金)について

2月21日(金)は大学出張のため航太先生が不在となります。   院長先生はいますので診療は通常通り行っています   どうぞ宜しくお願い致し…続きはこちら

2014/01/231月25日(土)について

1月25日(土)は学会出席のため航太先生が不在となります。   院長先生はいますので診療は通常通り行っています   どうぞ宜しくお願い致し…続きはこちら

動物病院からのお知らせ一覧へ動物病院からのお知らせ一覧へ

動物病院情報

取扱サービス

動物病院

診療対象動物

犬、猫、うさぎ、フェレット、小鳥

診療時間

月〜金 9:00〜12:00 15:30〜18:30 土 9:00〜12:30

休診日

日曜日、祝日

備考

時間外診療は緊急疾患のみ可です。予約制ですので、まずはお電話ください。

スタッフ紹介

永松航太 (ナガマツコウタ) 役職:副院長
保有資格:獣医師、リンパ球培養師、幹細胞培養師
副院長の永松航太です。
現在月に一度、母校の日本大学軟部外科で研修しており、そこで培った知識・技術を日常の診療に役立てています。また、最近ではがんに対する活性化リンパ球療法や幹細胞移植などの再生医療に力を入れ、がんの補助療法や難治性の病気の治療に取り組んでいます。今後は新潟でも犬猫の再生医療できることが知りわたるよう頑張ります。
犬猫の再生医療についてブログしています。もし良ければクリックして見て下さい!

永松動物病院 スタッフ紹介